早漏やいざという時にたたない原因は交感神経

男性の悩みとして、いわゆる早くいきすぎてしまう早漏や、感覚的にいっていないのに漏れ出してしまう早漏れ、またたたない、など様々あるでしょう。確かに性器そのものの感覚が敏感であったり、また、女性との性交渉に慣れていなかったり、ということも要因として挙げられますが、男性器のメカニズムは精神的なものが左右する場合も少なからずあります。こうした精神的なものは自律神経、特に交感神経と呼ばれるものが大いに関係があることも言われています。つまり、脳内物質が過剰に反応することで思い通りの射精ができないことが決して少なくないと申せましょう。こうしたことが原因となる早漏、早漏れ、たたない、という悩みが身体的なものと受け止められていては、根本的な改善とはなりません。例えば、プリリジーなどの脳内ホルモンに作用する薬剤投与によってそうした悩みから解放されるならば、精神的にも肉体的にも満足を得られるのではないでしょうか。脳内物質に作用するダポキセチンを主成分とするプリリジーなどの投薬治療はこれまで肉体的要因と思われていた早漏、早漏れ、勃起不全や中折れなどといわれるたたない症状を改善すると言われています。いわゆるこれまで性器そのものの刺激過敏によるものとされてきていながら、その改善策が明確になっていなかったものが、脳内物質の興奮を抑制することで治療が可能となるという研究結果が出てきているわけです。これにより、例えば亀頭を刺激する自慰行為である亀頭オナや過度の刺激を性器に与えることで過敏に反応することを抑えようとしてきた一般的な概念が覆されたと申しても過言ではありません。ただし、投薬治療となりますので、副作用などのことも考えるならばプリリジーなどの投薬治療に関しては専門医に相談することが大切であると申せましょう。