早漏を短時間で治すための一時的な対応とは

早漏を短時間で治すには、事前にオナニーをしておく方法が一般的です。
一時的な対応として最もよく利用されています。
オナニーの頻度は、早漏の症状の度合いや性欲に合わせて決めていきます。
早漏に悩んでいる方は、オナニーの頻度が少ないケースが多いです。
週に1回程度しか行わない方もいるので、2日に1回くらいのペースまで増やすといいでしょう。
確かに睾丸が一杯になるまで精液をためたほうが、SEXの楽しみは増すでしょう。
しかし、溜めすぎると早漏の原因になりますし、射精感を減退させる理由ともなります。
オナニーやSEXで射精するとき、1回目よりも2回目のほうが気持ちよかったという方は多いでしょう。

短時間で解消する一時的な対応には、コンドームで感度を調整する方法もあります。
コンドームのパッケージには数字が記載されていますが、この数字が小さいほど薄いのです。
逆に数字が大きくなると厚くなり、感度が弱くなります。
極厚タイプのコンドームも販売されているので、一時的な対応として活用していきましょう。
避妊をせずに性行為をする場合は、経口薬や外用薬を使用して対策するのが一般的です。
経口薬は感度を落とすことなく早漏を解消できるのが魅力です。

短時間で解消できる方法は、早漏を完治させるものではありません。
あくまで一時的な対応であり、次回のSEXのときはまた対策をする必要があります。
根本的に治すためには、包茎やEDを治療する方法が一般的です。
包茎は射精感を高めるので、早く射精させる原因となります。
EDは射精調整を困難にすることで、思わぬタイミングで射精させてしまいます。
下半身の悩みがある方は、それらをまとめて解消していくことで早漏も同時に治すことができるのです。