浅草でおすすめしたい人気ホテル
2020年10月15日

インバウンド観光など外国人向けサービスの充実を

観光業には大きく分けると二つの分野が存在します。一つがアウトバウンド、もう一つがインバウンドです。アウトバウンドは、国内の居住者などが海外旅行を楽しむサービスを提供する分野を指しています。インバウンドはその逆で、海外から訪れる外国人観光客に対してサービスを提供する分野です。

もちろんアウトバンドの分野は今も昔も大きな柱であることに変わりませんが、近年は、インバウンド分野の注目度が上がってきており、外国人観光客の消費力に対する期待も高まっているようです。背景はいろいろ考えられます。一つは、リーマンショック後の急激な円高局面が変わり円安方向に為替レートが大きく振れたことが挙げられるでしょう。円安になると日本からの海外旅行代金はどうしても高くなりがちで不利ですが、インバウンドを担う外国人にとっては、日本への旅行代金や現地滞在中に支払うコストが外国通貨に換算した場合安く済むことになるでしょう。

それが多くの外国人が訪れることに繋がっていると言われています。また、中国人観光客が増加している点も見逃せません。経済力が向上した中国人の中にはかなりの数の富裕層が生まれています。そういった人達が日本への旅行を楽しむようになってきているようです。

また、消費税法の改正の影響もあるかもしれません。以前は、消耗品に関しては免税対象ではありませんでしたが、近年の改正により免税対象となりました。日本の食品や製品等が免税になったことは、インバウンド観光が拡大している要因の一つといえるようです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *