浅草でおすすめしたい人気ホテル
2020年10月21日

インバウンドの強化で外国人観光客を増やす

日本経済発展の為の重要な課題としてインバウンドの強化が挙げられます。インバウンドとは訪日外国人観光客のことであり、逆に海外に出かける日本人のことをアウトバウンドと言います。日本はこれまでインバウンド数とアウトバウンド数を比較すると2倍以上の開きがありました。両者がもたらす影響を考えると、アウトバウンドでは日本で稼いだお金が海外で使われることになり、インバウンドでは海外で稼いだお金が日本国内で消費されます。

日本経済にとっては日本国内でお金を使ってもらえることが重要となります。政府が主導となり訪日外国人観光客を増やすことに力を入れ始めましたので、近年は外国人観光客数も徐々に増えて来ました。またタイミング良く中国経済が発展した為に、中国からの観光客が急激に増えて来ました。中国人観光客のマナーも問題視されますが、爆買いと言われている中国人による大量の消費によって日本の電気店やドラッグストアなどは大きなメリットを享受しています。

2014年の時点では訪日外国人の数は1,400万人台で、海外に出かける日本人の数が1、600万人台ですので、まだ訪日外国人は日本人旅行者を上回っておりませんが、海外への日本人旅行者の数が伸び悩んでいる状況ですので、近い将来逆転することが予想されます。日本政府は当初2020年にインバウンド数を2,000万人にすることを目標としていましたが、2013年と2014年の急激な伸び率を考えるともっと早い段階で2,000万人に到達し、2020年には3,000万人に達する可能性もあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *