新車買い替えの際の中古車の処分法

by:

トレーラー中古自動車関連

クルマを買い替える際には、それまで乗って生きたクルマの処分をどうするのか決めなければなりません。選択肢は主に売却する、廃車にする、譲渡するなどになるでしょう。この中で最も多いのは売却です。ところで、以前は新車への買い替えであれば、ディーラーに下取りしてもらう、中古車を購入する場合でも、その中古車販売店で買い取ってもらうというのが一般的でした。

しかし、最近は中古車買取専門店に売却する人も増えてきています。その理由は、ディーラーに下取りしてもらうよりも高く売却することが可能なことが多いからです。ディーラーで下取りしてもらうメリットは、新車の納車されるぎりぎりまで乗っていることができることや、手続きが新車の購入と合わせて進めていくことができ楽であることなどがあります。しかし、下取り額は相場並でそれを上回るような価格はなかなか難しくなります。

それに対して買取の場合は、下取りに比べると手続きに多少手間がかかることや、新車の購入に平行して買取の手続きを行うと、新車の納車よりも先に買取手続きは完了してしまった場合、新車が納車されるまで乗るクルマが無くなってしまうという事態になってしまう可能性があります。それでも買取価格は相場を上回るケースが多く、新車の購入資金を捻出したい場合はやはり魅力的です。一括査定サイトなどを利用して買取手続きを行うケースが多いですが、これは買取業者同士を競合させることができるために、高額買取に発展することが多いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です