失敗しない中古車店選び

by:

トラックリース自動車関連

中古車を買う人は皆、お値打ちに購入することを考えます。お値打ち感は、購入費用だけではなく、より良い車をよりお値打ちに購入することやカーライフサポートにも含まれるでしょう。ここからは、良い販売店を見分ける方法を説明します。まず、中古車を探す際に必ず、インターネット検索を行いましょう。

インターネットの中古車ポータルサイトの検索エンジンで車種や年式、走行距離、グレード等、予算を入力して検索エンジンにかけます。全国のネット掲載企業の在庫車がアップされます。そこから条件の合致した車を数台、候補として挙げます。候補の車を販売する販売店に注目しましょう。

ディーラー系や大手買取店などの場合、広告料や従業員雇用、家賃のほか経営コストが非常に大きいため、販売する中古車には大きな利益が含まれます。ただ、どの業者も利益なしでは販売しないため、その点は理解しなければいけませんが、大手である安心感が付与されているでしょう。保証とサポート体制です。購入者のオイル交換やメンテナンスをお値打ちにするなどのサービスです。

一方で、小規模事業者の経営するお店で、在庫台数が20台を超える場合が問題となります。展示車が販売側の得意な車種で統一されておらず、大型セダンからSUV、クーペ、ワゴン車とバリエーションが豊富な店舗に見えますが、仕入れに一貫性が見られません。おそらく、多くの車種を取り扱い、消費者の年代や枠を広げる目論見です。小型でも特定の車種を得意とする販売店は、その車の仕入れやサポートも得意とします。

在庫車が多い店舗は、資金を必要とするため、利益を大きく上乗せします。小規模な企業は、本部やグループ企業からの資金サポートがないため、消費者から受けたお金で賄います。今の時代、中古車を小規模店舗に見に行く消費者は少ないため、20台以上の在庫は必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です