中古のバイク購入を検討する際の着眼点

by:

トラック中古自動車関連

中古のバイクに関して、購入の際に何を見て判断すれば良いか知らない方が多いはずです。新品のものであれば車種自体の評判を調べればよいですが、中古になるとそうはいきません。最悪の場合は何も知らずに購入してしまった後に後悔することになりかねません。そういったことにならないためにも、より良い選び方をご紹介します。

まず一つ申し上げたいのが、「走行距離にとらわれない事」です。これに関して説明のための例を挙げますと、例えば・1000キロ走って、メンテナンスの行き届いたバイク・500キロ走って、メンテナンスを怠ったバイクどちらの方が状態の良い状態かといえば前者の1000キロ走った方です。そのため走行距離は良いバイクの判断基準としては弱いと言えます。そして二つ目として、「タイヤの状態に目を向けること」です主に注意するのは次の二つ・磨り減り・ひび割れ磨り減りに関してはタイヤが地面を捉えにくくなり、スリップしやすくなってしまうという事は誰にでもわかりやすいことです。

問題なのはひび割れに関してなのですが、これはバーストという現象が起きてしまう可能性があるため大変危険です。上記二つの程度にもよりますが、酷いものの場合は事故に直結する可能性があるためしっかりと目で見て画像検索などをしてそれと見比べるべきです。原因としては磨り減りがバイクに乗った時間。ひび割れはタイヤの経年劣化(ゴムの劣化)によるものです。

購入後のお話になりますが、中古になるとセルが効きにくかったりします。しかし、毎日乗ることでどんどん調子も良くなっていきます。セル以外にも出足が遅いことも良くあります。それに対してはアイドリングと言うものを調節してみましょう。

マイナスドライバーさえあれば簡単に調節できます。上げすぎると飛び出してしまいますので適度に調節しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です