中古バイクの買取価格について

by:

トラック中古自動車関連

中古でバイクを売る時には、買取業者の査定結果次第でバイクの売却価格は変わってきます。例えば、中古車業者では5万円と評価されたバイクが、別の業者では10万円や4万円と言う評価をされる可能性があるという事です。基本的な基準は「相場」などによって決まるものの、最終的な価値判断は担当者や中古車業者によって異なる為、より高く評価してくれる業者を見つけるという事が必要になってきます。しかし、実際に査定を受けてみるまではどの程度の評価をされるのか(高め・平均並み・低め)分からない為、時間を掛けて一軒ずつ査定を受けていくということが必要になってしまいます。

もし、そこまでの時間と労力を掛けることができないという状況であったとしたら、結果に納得できるかどうかとは別に「強制的に売買契約をしなければいけない状況」になってしまうことも考えられます。そんな時、査定を受けなくてもおおよその買取価格の当たりを付けることができる方法があります。その方法とは、「販売価格の4~5割」を買取価格の基準として採用する方法です。例えば、10万円で販売されているバイクであれば4万円程度、6万円で販売されていたとすれば2万5千円程度と言った具合です。

全ての業者が同じ利益率を設定している訳では無いものの、一般的な買取りから販売までにかかるコストなどを考慮するとこの辺りの割合が多くなります。その上で、最終的な評価を加味して契約するかどうかを判断していくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です